癌で闘病中だった小林麻央さんが、再入院することをブログで発表しました。

小林麻央さんは2014年に乳がんの告知を受け、骨や皮膚に移転していながらも自宅療養を行っていましたが、先日よりブログで体調悪化をつづっていました。

 

現在の症状や入院期間についてお伝えします。

 

スポンサーリンク


 

ここ数日ブログで体調不良を訴えていた

小林麻央さんは4月19日にオフィシャルブログ「KOKORO」の中で、5日間息苦しさや発汗、痛みによりほとんど寝たきりであること、そしてそんな日々をお母様に背中をさすってもらいながら乗り越えたとブログでつづっていました。

また、小林麻央さんの夫である市川海老蔵さんもブログで、体調不良を訴える小林麻央さんを心配する内容をブログでつづっていたばかりでした。

市川海老蔵さんは別の日のブログで、家からの電話に、小林麻央さんの体調が悪化したのではと驚いたという内容も記載しており、この内容からも小林麻央さんの症状がかなり悪化していることがわかります。

スポンサーリンク




 

短期間で退院が可能?

小林麻央さんは4月22日のブログで、

“短期間

入院することにしました。

具合悪いほど家族と離れたくない気持ちが増して

家で回復させたかったのですが、

今は、自分の力では難しいので、

医療の恩恵を受けて、

元気になりたいと思います”

 

とつづっており、病院のベッドの自撮写真を公開しています。

 

マスク姿ですので印象ですが、かなり痩せられて顔色も悪いように感じますね。

しかしながら、かなり体調が悪い中、ひとつひとつ記録を残し、病気についてきちんと伝えていきたいという強い意志を感じる1枚ですね。

 

そしてこの入院について、小林麻央さんは「短期間入院」と記載していますが、実際には回復次第というところだと思われます。

 

小林麻央さんはこれまでにがん治療として、投薬や放射線治療などの様々な治療を実施していましたが、すでに乳がんは骨や皮膚にも転移しており、がんの治療は思うように進んでいませんでした。

そして、2016年10月には、QOL(Quality of Life:生活の質)向上のための手術のために再入院していました。

 

こういったことから考えると、今回の入院も根幹治療を行うためではなく、歩くことができない、食事がとれないなどの体調不良からの入院と想定できます。

 

小林麻央さんも以前ブログで、がんとの闘いは一進一退とつづっていたように、体調の良い時もあれば悪い時もあるため、体調が良くなれば退院できると想定しています。

 

早く体調がよくなって、ご家族と過ごせる時間が増えるといいなと思っています。

 

姉の小林麻耶さんも麻央さんの入院にコメント

小林麻央さんの姉である小林麻耶さんも、麻央さんの入院を受けて、自身のブログ「まや★日記」で麻央さんの入院についてコメントをしています。

小林麻耶さんは、現在風邪をひいてしまったとのことで、麻央さんに会いにも行けず、姪っ子の麗禾ちゃんと甥っ子の勸玄くんたちのフォローもできず、自己嫌悪だとつづっています。

 

また、小林麻耶さんは、「おねぇーちゃん。無理しないでね」と麻央さんから風邪を心配されたことについて、自分自身が大変な時にでも、周りを大切に気遣う優しくて素晴らしい妹であると記載していました。

 

小林麻耶さんも、妹の麻央さんの病気を知って以来心労を患い1年ほど仕事を休養して、先日復帰されたばかりです。

本当に妹思いの素敵なお姉さんですが、あまり無理はしてほしくないですね。

 

まとめ-小林麻央 がんの進行が悪化し再入院

4月22日、小林麻央さんが自身のブログで、再入院することを発表しました。ここ数日、小林麻央さんは体調不良でほとんど寝たきりであることや、10歩も歩けないとブログでつづっており、症状がよくならないため再入院を決意したと思われます。

今回の入院は根幹治療ではないため、体調が少し良くなれば退院するとみられています。

小林麻央さんの乳がんはほかの部位にも転移しており、苦しい闘病生活だと思いますが、少しでも症状が緩和され、退院しご家族との時間を過ごしていただきたいなと思っています。

スポンサーリンク