東京都内の高校で、入学時に「地毛証明書」を提出させていることが明らかになりました。
提出を求められる都内の高校は全体の6割にも及び、髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないかを証明し、指導に役立てるものということですが、この「地毛証明書」とはどのようなものなのでしょうか。
詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


「地毛証明書」とはなんなのか?


「地毛証明書」とは、頭髪についての特長を記録するもので、「頭髪についての申請書」など呼び方は学校によってことなるとのことです。
(この記事では、「地毛証明書」という呼び方に統一していきます。)

具体的に「地毛証明書」にどのようなことを記載するのかというと、“髪の色が茶色”であるとか、“髪が縮れ毛である”といったような特徴を記録し、押印するものです。学校によっては幼少期の写真の添付が必要になるケースもあるようです。

「地毛証明書」を提出させる目的は?

では、この「地毛証明書」を提出させる目的とはなんなのでしょうか。

大半の都立高校では、校則で髪を染めることやパーマを禁止しています。
しかしながら、生徒の中には自身で髪を染めたりパーマをかけたりしているにも関わらず、地毛だと言い張る人もいます。

また、逆のケースもあり、もともと髪の色が茶色だったり、縮れ毛であったりするにもかかわらず、学校側が間違って生徒を指導してしまうケースもあります。

つまり「地毛証明書」を提出させる目的とは、「地毛証明書」を提出させることにより正しい指導を行い、また間違った指導をすることで生徒と学校側の信頼関係を崩してしまうことを防ぐという目的があるのです。

「地毛証明書」は病院や美容院で発行してもらう必要があるのか?

高校で求められる「地毛証明書」は、病院や美容室で発行してもらうものではなく、両親が特徴を記録するものだそうです。
あくまで両親の申告ということになります。

また、この証明書は全員が提出を求められているわけではなく、入学時に頭髪の色が黒でない生徒や縮れ毛の生徒に声をかけ、提出を求めているケースが多いようです。

 

スポンサーリンク



「地毛証明書」について、世の中の反応は?

この「地毛証明書」の提出に関して、世の中の声は賛否両論あるようです。

乙武洋匡や茂木健一郎は「地毛証明書」について反対

作家の乙武洋匡さんや脳科学者の茂木健一郎さんは、都内の高校が「地毛証明書」の提出を求めていることに対して、高校側を痛烈に批判しています。

作家の乙武洋匡さんは自身のTwitterで、
髪の毛を染めたり、パーマをかけたりすると風紀が乱れるという前提が正しいのか?と問題提議した上で、頭髪の制限とは異なる指導で非行は防げないのか?と説いています。

また、脳科学者の茂木健一郎さんも自身のTwitterで、
世間が『日本人は髪の毛が黒くてまっすぐなのが当たり前だ』と思っていることに対し、批判を述べています。

確かに近年では移民やハーフも増えていますし、黒髪=当然という考え方から脱却する必要があるかもしれません。

その他にも反対の意見が多数

その他にも「地毛証明書」に対する反対の意見として、
「何十年前にも地毛証明書を書かされたことがあり、時代の変化に教育がついていっていない」という意見や、
「髪型なんて自由にすればいい」、「どうして日本は横並びの教育をするのか」と言った意見がありました。

これらの意見は、「地毛証明書」の提出に対しての反対というよりは、どちらかというと「髪を染めてはいけない」という校則に対しての反対意見ということになりますね。

賛成の意見は?「地毛証明書」により守られているという意見も

批判的な意見も多々ある中、「地毛証明書」により守られていると唱える人もいました。
「高校時代に、染めていないのにもかかわらず色素が薄いがために、髪が茶色っぽく、黒く染めろと言われていてかわいそうだった」という意見や、
「染めているのに、染めていないと言い張っている人がいるので、仕方がないのでは?」
という意見もありました。

確かに地毛が黒くないということで、指導されるのは嫌ですからね。

また、「髪を染めてはいけないという校則がある以上、地毛証明書が必要になるのは一理ある。もし、こういったことが煩わしいと思うのであれば、自由な校則の学校に入るべき」と言った意見もありました。

まとめー都内の高校で求められる地毛証明書とは?

都内の多くの高校で、「地毛証明書」の提出が求められているとし、話題になりました。
「地毛証明書」とは病院や美容室で作成してもらうものではなく、親が子の髪の特長を記録し、捺印するものです。必ずしも全員が提出を求められるわけではなく、髪の色が茶色であったり、縮れ毛であったりという特徴がある生徒にだけ、提出が求められるようです。

この「地毛証明書」については、時代に合わないといった批判的な意見や、これにより髪を染めていないのに染めているという疑いをかけられずに済むといったように、賛同する意見もあり、賛否両論分かれているようです。

いずれにしても、これらの提出が求められる要因は、「髪を染めることやパーマをかけることを禁止する校則」があるからですよね。
ということは、「地毛証明書」の提出について批判的な立場の方は、「髪を染めることやパーマをかけることを禁止する校則」のない学校に入学すればいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク