メルカリで現金が額面以上の金額で出品され、
闇ビジネスに使われる…!

人気フリマアプリ「メルカリ」で、現金が額面以上の値段で出品されたことを受け、マネーロンダリングの可能性があるとし、メルカリは急きょ現金出品を禁止したと発表しました。

 

現金を出品した人の目的や、そもそもなぜ現金販売が可能だったのかを詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク


メルカリとは?

メルカリを利用したことがない方もいらっしゃると思いますので、先にメルカリについて簡単にご紹介しておきます。

メルカリとはスマホで利用できる無料フリマアプリで、手軽に始められることから近年人気を集めています。

これまでにもメルカリのように、不要なものを簡単に販売できるサイトやアプリはたくさんありました。ヤフオクやラクマなどがそうですね。

 

メルカリは会員登録料や月会費、出品費用、クレジットカード手数料が無料という特徴があります。またスマホのアプリなので、スマホで写真を撮って、そのまま出品ができ手軽なことから、近年人気がでてきているサービスです。

 

メルカリで現金が額面以上の金額で出品される!

今回話題になったのは、メルカリで現金が出品され、その金額が額面以上だったことです。

具体的には、以下の写真にもあるように、1万円札3枚が、39,000円で販売されるといった形です。その他にも多くの紙幣が、額面以上で販売されていたのが確認できました。

メルカリは4月22日をもって現金販売を中止としており、現在では現金は出品することはできなくなっています。

 

なぜ現金を出品?購入する人の目的は?

現金が額面以上で出品され、購入した人もいたわけですが、なぜこのような取引が成立したのでしょうか。

 

まず考えられるのが、クレジットカードの利用枠の現金化です。

 

クレジットカードは持っていても、手元に現金がない場合、このメルカリで出品されている現金をクレジットカードで購入することにより、手持ちの現金を増やすことができます。すぐに現金が必要な人にとっては、手数料を払ってでも手に入れたいというところでしょうか。

手持ちの現金を増やす古典的な方法ですね。

 

以前漫画『ナニワ金融道』で、クレジットカードで新幹線の回数券を購入し、金券ショップで現金化するというストーリーがあったのを思い出しました。

 

次に考えられるのは、マネーロンダリングです。もっと闇が深い話になります。

闇取引のように、犯罪にかかわる取引で使用されたお金や、強盗で使われたお金を、足がつかないようにほかの紙幣に変換する目的で購入された可能性があります。

 

例えば先日福岡で3億8千万円が強奪される事件が発生しましたが、このお金をそのまま使ってしまうと紙幣の番号から資金の出所がわかってしまいますからね。

こういった犯罪にかかわるお金を、このメルカリを通してきれいなお金に変えていた可能性があるのです。

恐ろしいですね。

 

スポンサーリンク




なぜメルカリは現金出品が可能だったのか?

4月22日をもって現金出品は禁止としたメルカリですが、なぜ以前は現金出品が可能だったのでしょうか。

旧紙幣やコインなどはコレクション性が高く、これまでもメルカリで多数取引がされており、これはメルカリ側も把握していました。また、穴のずれた5円玉や、紙幣の番号がぞろ目のものなどの希少価値が高いものも出品されていました。

こういった種類の貨幣やコインの出品はマネーロンダリングの目的ではないため、法律上も問題がないので、メルカリ側も出品が可能としていましたが、今回マネーロンダリングの目的での出品が相次いだことを受け、現金の出品が禁止となったというわけです。

 

まとめーメルカリで現金が額面以上の金額で出品

人気フリマアプリ「メルカリ」で、現金が額面以上の金額で出品されたことを受け、マネーロンダリングの可能性があるとし、4月22日をもってメルカリは現金の出品を禁止としました。

マネーロンダリングとは、犯罪などに使われた現金を別の紙幣に変えることで、資金の出所をわからなくするものであり、法律上禁止されている行為です。

本来は希少価値の高い紙幣やコインをコレクション目的で売買するために可能だった現金取引ですが、このシステムを悪用した人がいたため、今後はさらに規制が厳しくなることでしょう。

スポンサーリンク