先日映画が公開されたばかりの「ナラタージュ」。恋愛小説を松本潤さんと有村架純さんが実写化しています。高校教師と生徒の純愛物語はどのような内容なのでしょうか。
今回は、まだ映画を見ていない人向けに、この映画のあらすじやロケ地、また気になる松本潤さんと有村架純さんのキスシーンなどのからみについてもご紹介していきます。

筆者はすでに「ナタラージュ」を見に行きましたが、本記事にはネタバレはありませんので、まだ映画を見ていない方も安心してお読みいただければと思います。

スポンサーリンク



 

映画「ナラタージュ」のキャスト

まずは、「ナラタージュ」のメインキャストをご紹介していきます。

葉山貴司(はやまたかし) 演:松本潤

社会科(世界史)の高校教師。生徒思いの心優しい教師。事情があり、妻とは別居中。
演劇部の顧問であり、学校になじめない工藤泉を、演劇部に誘ったことをきっかけに、次第に2人は打ち解けあっていく。

 

工藤泉(くどういずみ) 演:有村架純

親友の転校により、学校で浮いてしまう。孤独な工藤泉を救ったのが社会科教師の葉山貴司であった。
葉山が顧問である演劇部に入部。葉山に思いを寄せるも、気持ちを伝えることはなかったが、大学2年のときに葉山との再開をきっかけに、葉山への思いを抑えられなくなる。

 

小野怜二(おのれいじ) 演:坂口健太郎

演劇部OBの黒川と同じ大学に通っており、黒川に誘われ葉山率いる演劇部の卒業公演に参加することになる。ここで泉と出会い、泉を好きになる。
泉の葉山への思いを知り、嫉妬・葛藤に苛まれる。

スポンサーリンク



 
 

映画「ナラタージュ」のあらすじ

 

映画「ナラタージュ」は、島本理生の小説「ナラタージュ」を映画化したものです。
高校教師と生徒の間の禁断の恋愛にもかかわらず、多くの人が共感できる純愛物語となっており、2006年の「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得しています。

映画は、社会人になった工藤泉が過去を回想する形でストーリーが進んでいきます。
工藤泉が大学2年生のとき、泉の携帯電話に葉山先生から連絡が来ます。
後輩のために、卒業公演に参加してくれないかという依頼でした。

高校時代に泉は親友の転校により学校で孤立しており、それを救ってくれたのが葉山先生でした。
葉山先生は自身が顧問である演劇部に泉をスカウトし、泉の居場所を作りました。

葉山先生と泉は次第に打ち解けあい、泉は葉山先生に思いを寄せます。
しかしその思いを伝えることなく高校を卒業しました。

そして今回、数年ぶりに葉山先生と再開した泉は、秘めていた思いを復活させてしまうのでした。

再開により二人の思いが重なりかけるのですが、泉は葉山先生から、実は妻との離婚が成立していないと告げられます。

これにより泉は葉山先生と距離を置こうとし、ちょうどそのタイミングで同じく卒業公演に参加していた小野怜二から思いを告げられ、自分を思ってくれる小野との付き合いを考え始めるのですが…

 

映画「ナラタージュ」のみどころ
松本潤と有村架純のキスシーンはあるの?

映画「ナラタージュ」のみどころをご紹介していきたいと思います。

この映画のみどころは、教師と生徒の恋愛という禁断の恋愛にも関わらず、繊細な純愛感を表現している松本潤さんと有村架純さんの演技ではないでしょうか。

松本潤さん演じる葉山貴司は、生徒思いの心優しい教師でありながら、過去の事件を引きずり影のある役どころを見事に演じています。
普段のアイドル松本潤とは全く違う一面を見せてくれます。

そして清純派女優としてNHKの朝ドラ「ひよっこ」で主演を務めた有村架純さんも、初の濡れ場を披露しています。
彼女の持つ清純かつ純粋なイメージが、禁断の恋に悩まされる工藤泉役にぴったりです。

そしてこの映画にいい具合にスパイスを利かせているのが、坂口健太郎さんです。
坂口健太郎さん演じる小野怜二は、女性にモテるのですが、それをひけらかすわけでもなく、みんなから好感をもたれる好青年の役を演じています。

工藤泉と付き合い、泉の葉山先生に対する思いを知り、嫉妬に苛まれ束縛をしてしまう役どころが、さすが演技派俳優という感じです。

それぞれの繊細な思いを、じっくり感じることができる映画ではないでしょうか。

また、本作では松本潤さんと有村架純さんのキスシーンもあります!二人の純愛に心が洗われること間違いなしの映画です!

 

映画「ナラタージュ」のロケ地は?富山県で撮影!

映画「ナタラージュ」は、富山県で撮影されました。

まずは学校からご紹介します。
工藤泉が通う大学は、富山大学で撮影されました。

このシーンですね。

 

また、工藤泉の高校は、富山県立伏木高校で撮影されています。

 

映画の中で、工藤泉が小野怜二の実家を訪れるシーンがあり、この撮影地は高岡市で歴史ある住宅が並ぶ金屋町がロケ地となっています。

金屋町は高岡でも最も古い町で、石畳の道に歴史ある木造の建物が連なる、美しい場所です。

その他にも、日本のベニスとよばれる富山県射水市もロケ地となっています。
工藤泉と葉山先生の重要なシーンが撮影されています。

美しい街並みとどこか昭和を感じる深みのある風景が、切ない恋愛物語を演出しています。
映画を見た方は、ロケ地めぐりをするのも楽しそうですよね。

 

まとめー映画「ナラタージュ」あらすじやロケ地は?
松本潤と有村架純のキスシーンは?

今回は、公開されたばかりの映画「ナラタージュ」について詳しくご紹介しました。

松本潤さん演じる高校教師と、有村架純演じる生徒の禁断の純愛物語。
繊細な演技や富山県の風情あるロケ地もこの映画のみどころです。

そして、松本潤と有村架純のキスシーンも見逃せませんね!

是非、映画館でご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク